日本ゴルフ協会 松山ら16人を強化指定選手に選出

[ 2018年1月16日 05:30 ]

 日本ゴルフ協会の五輪競技対策本部は18年度の強化指定選手16人を発表した。昨年の日本ツアー最終戦終了後の世界ランキング上位の日本人で申請のあった男女各8人が選ばれた。男子は松山英樹、小平智、宮里優作、今平周吾、時松隆光、片山晋呉、片岡大育、宮本勝昌。女子は鈴木愛、畑岡奈紗、川岸史果、上田桃子、笠りつ子、成田美寿々、比嘉真美子、菊地絵理香。認定期間は今月1日〜来年3月31日。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース