茉愛、沙羅にエール メダル獲得期待「頑張ってほしい」

[ 2018年1月16日 05:30 ]

白熊のぬいぐるみを手に記念撮影する桐生(左)と村上 
Photo By スポニチ

 体操の世界選手権種目別床運動で日本人として63年ぶりの金メダルを獲得した村上茉愛(21=日体大)が15日、都内で行われたアマチュアを対象とするホワイトベア・スポーツ賞の表彰式に出席。日体大で一緒に講義を受けたことがあるという、平昌五輪スキージャンプ女子代表の高梨沙羅(21=クラレ)に対し「4年前はメダルを獲れなかったので、今年は頑張ってほしいと思う」とエールを送った。新シーズンに向けては「全日本個人総合で進化した村上を見てもらいたい」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース