谷亮子氏 六段へ飛び昇段 女子では史上初「申し分ない実績」

[ 2018年1月16日 05:30 ]

六段に昇格した谷亮子氏
Photo By スポニチ

 2000年シドニー、04年アテネ五輪柔道女子48キロ級金メダリストで、元参院議員の谷亮子氏(42)が女子四段から六段に昇段したことが15日、分かった。講道館によると飛び昇段は女子の段位が導入された1933年から初めてだという。谷氏の昇段は95年世界選手権の優勝後以来。昨年11月に故郷・福岡で昇段試験を受け、九州柔道協会から推薦された。同協会は「申し分ない実績を持ち、本来なら六段になっていなければならない年齢」と説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース