高安、幕内Tで優勝手応え「足もしっかり動くのでよかった」

[ 2017年12月17日 05:30 ]

大相撲冬巡業

 右内転筋損傷で九州場所を途中休場した大関・高安が精力的な稽古を続けている。16日は横綱・大関で唯一、朝稽古で相撲を取り、大栄翔、錦木、竜電を相手に4勝2敗。

 右足を気にする場面もあったが、ぶつかり稽古では貴景勝に胸を出した。「稽古量は多くはないが、限られた時間の中で毎日継続してやらないと」という。この日の幕内トーナメントでは、決勝で阿武咲を退けて優勝。「足もしっかり動くのでよかった」と手応えを口にしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年12月17日のニュース