男子・筑波大、堺に逆転勝利で準々決勝進出、女子は久光快勝

[ 2017年12月17日 05:30 ]

バレーボール・全日本選手権第2日 ( 2017年12月16日    東京体育館 )

ブロックを狙う筑波大の中根(4)、樋口(7)、小沢(17)
Photo By 共同

 2回戦が行われ、男子は全日本大学選手権準優勝の筑波大がプレミアリーグの堺に3―2で逆転勝ちし、17日の準々決勝に進んだ。前回覇者でプレミアリーグの東レはチャレンジリーグの下部所属のきんでんを3―0で退けた。

 女子のプレミアリーグ勢は、大会6連覇を目指す久光製薬がクラブチームの姫路に3―0で快勝。上尾メディックスはチャレンジリーグの岡山シーガルズに1―3で敗れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年12月17日のニュース