NHL発足100年目の記念試合がオタワの屋外リンクで開催 気温は氷点下11度

[ 2017年12月17日 17:24 ]

記念試合が行われたオタワの特設リンク(AP)
Photo By AP

 NHLのリーグ発足100周年を記念して組まれた「NHL100クラシック」が16日、カナダの首都オタワの屋外特設リンクで開催され、氷点下11度まで冷え込んだ中で地元のセネターズが3―0でカナディアンズを下した。

 NHLは1917年12月19日に4チームで最初の試合を行い、このときはカナディアンズが7―4でセネターズに勝利。しかし100年が経過したこの日は、セネターズのGKクレイグ・アンダーソン(36歳)が28セーブで通算40回目の完封を達成し、100年前のリベンジ?を果たした。

 風が強く体感温度は氷点下25度。それでも3万3959人の熱烈なファンが集結し、“歴史的な一戦”を見守った。

 なお勝ったセネターズは11勝20敗(延長敗戦7)で勝ち点は29。敗れたカナディアンズの勝ち点は32のままで、14勝19敗(延長敗戦4)となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年12月17日のニュース