汐音、1500制しJK平昌代表へ前進 同い年の吉永から刺激

[ 2017年12月17日 05:30 ]

スピードスケート・ショートトラック 平昌冬季五輪代表最終選考会兼全日本選手権第1日 ( 2017年12月16日    名古屋市ガイシプラザ )

女子1500メートル優勝した神長汐音
Photo By 共同

 女子は神長汐音(長野・小海高3年)が1500メートルを制し、02年ソルトレークシティー五輪の小沢美夏以来の女子高生代表に大きく前進した。1メートル64の大型スケーターは「(上位で転倒があって)ラッキーだった。まだ確実になったわけじゃないので、明日決めたい」と気を引き締める。

 同い年の吉永とは「意識している。向こうが勝ったら、自分も勝たないと、と思う」と刺激し合う良好な関係だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年12月17日のニュース