張本、フルゲームも男子単準々決勝敗退 美誠も女子単4強逃す

[ 2017年12月17日 05:30 ]

卓球 ワールドツアー・グランドファイナル第3日 ( 2017年12月16日    カザフスタン・アスタナ )

男子シングルス準々決勝で敗退した張本智和
Photo By 共同

 シングルス準々決勝で、男子は世界ランキング17位の14歳、張本智和(エリートアカデミー)が、同3位で今年のワールドツアー4勝のドミトリー・オフチャロフ(ドイツ)にフルゲームで屈し、4強入りを逃した。

 女子は世界9位の伊藤美誠(スターツ)が同10位の陳幸同(中国)に1―4で敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年12月17日のニュース