早大屈辱、2季連続の初戦敗退 前半奮闘も後半主導権握れず

[ 2017年12月17日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権3回戦   早大18―47東海大 ( 2017年12月16日    秩父宮 )

 3回戦とはいえ2季連続の初戦敗退に、早大の山下大悟監督は「前半は想定内の点差(10点ビハインド)だったが、後半にトライを取られたのが(敗因として)大きい」と唇をかんだ。

 後半はSH斎藤、SO岸岡(ともに2年)のハーフ団に強いプレッシャーをかけられ、同6分にトライを取った後は完全に試合を支配された。ロック加藤主将(4年)は「後輩が頑張ってくれる」とチーム再建を託した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年12月17日のニュース