ジョージ・ワシントン大は連敗 渡辺奮闘及ばず ゴンザガ大は9勝目

[ 2017年12月17日 14:09 ]

奮闘及ばずマイアミ大フロリダに敗れたジョージ・ワシントン大の渡辺(AP)
Photo By AP

 全米大学男子バスケットボールのジョージ・ワシントン大は16日、APランク6位のマイアミ大フロリダに50―59(前半15―32)で敗れて5勝6敗。渡辺雄太(4年)は37分出場して9得点、8リバウンド、2ブロックショットと奮闘したが、チームは3連勝のあと連敗を喫した。

 マイアミ大フロリダは今季9戦全勝。NBAドラフトの注目株、ガードのブルース・ブラウンJR(2年)は38分の出場で3得点に終わったが、前半で一気に点差を広げて勝負を決めた。

 AP12位のゴンザガ大はランク外のノースダコタ大に苦しみながらも、89―83(前半30―34)で勝利を収めて9勝目(2敗)を挙げた。八村塁(2年)は16分の出場で9得点と5リバウンドを記録。フィールドゴールは8本中4本を成功させた。

 ノースダコタ大は4勝7敗となった。

 AP2位のミシガン州立大は86―73(前半30―34)でオープランド大を下して10勝1敗。しかし同3位のウィチタ州立大は83―91(前半3954)でランク外のオクラホマ大に敗れて8勝2敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年12月17日のニュース