ウッズ、3日目は75と崩れる 首位に10打差の10位に後退

[ 2017年12月3日 10:43 ]

第3ラウンド、ホールアウトし、タイガー・ウッズ(左)と握手する松山英樹
Photo By 共同

 ゴルフのツアー外競技「ヒーロー・ワールドチャレンジ」は2日、バハマのオルバニーGC(7309ヤード、パー72)で第3ラウンドを行い、タイガー・ウッズ(41=米国)はアウトで40を叩いて急降下。14番までバーディーを奪えない苦しいラウンドとなり、2バーティー、5ボギーの75でホールアウトした。

 通算4アンダーの212は首位チャーリー・ホフマン(40=米国)に10打差の10位。日本の松山英樹(25)は72で回って通算7アンダーの209。5位で最終ラウンドを迎えることになった。

 なお3日目はスコアを崩す選手が多く、出場18人中8人がオーバーパー。世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(33=米国)は76だった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月3日のニュース