冬巡業 騒動の中、貴乃花巡業部長不在で始まる…別行動を認めないなど注意喚起

[ 2017年12月3日 15:37 ]

大村巡業の支度部屋近くに張り出された注意書き
Photo By スポニチ

 元横綱・日馬富士の暴行問題に揺れる大相撲の冬巡業が3日、長崎県大村市で始まった。暴行を受けた平幕・貴ノ岩の師匠、貴乃花巡業部長(元横綱)は問題への対応などで不参加となった。

 春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)が代理の責任者として関取衆の朝稽古前に訓示。検討されていた門限などの外出制限は「子どもじゃないんだから」と設けず、力士の自覚に訴えることになった。貴乃花親方と交代した経緯については「あくまで巡業部長への罰ではない。ファンに対して困らないように配慮」と説明した。

 また、「何かあったらすぐに親方衆に報告するように」と注意を喚起。移動の際はけがなどの特別の事情がない限り、別行動を認めないとし、張り紙でも周知した。暴行事件の被害者、貴ノ岩は巡業を休場した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月3日のニュース