リオ金・大野、古傷痛め棄権「次につなげる」五輪以来復帰戦も

[ 2017年12月3日 05:30 ]

柔道グランドスラム東京大会第1日 ( 2017年12月2日    東京体育館 )

男子73キロ級3回戦をケガで棄権した大野は自力で歩いて引き揚げる
Photo By スポニチ

 階級別の大会には金メダルを獲得した昨年のリオ五輪以来、1年4カ月ぶりの復帰となった大野将平(旭化成)は、負傷のために男子73キロ級の2戦目となった3回戦を棄権した。

 大会に向けた稽古中に古傷の膝を痛め、2回戦の最中にも再発したため、男子日本代表の井上監督と相談の上で決断。「今は無理をせず、次につなげるという判断。次に強い大野将平で戻ってくればいい」と前向きだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月3日のニュース