大相撲初場所前売り券、全日程即日完売 暴行問題の影響懸念も

[ 2017年12月3日 05:30 ]

 大相撲初場所(来年1月14日初日、両国国技館)の前売り券が2日午前10時に発売され、即日で15日間の全日程を完売した。同じ東京開催だった9月の秋場所が約50分で全て売り切れたのに比べ、今回は完売まで4時間半を要した。

 今年は21年ぶりに年間6場所の90日間が全て満員御礼のとなる大盛況となったが、元横綱・日馬富士の暴行問題による今後の人気面への影響が懸念される。チケット売り場の担当者は「前回よりも鈍いのは確かだが、1日で完売したことは本当にありがたい」と述べた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月3日のニュース