ハーフ終了 宮里優作、逆転賞金王へ6つ伸ばして単独首位

[ 2017年12月3日 12:17 ]

 男子ゴルフの今季最終戦日本シリーズJTカップは3日、東京都稲城市の東京よみうりCCで最終ラウンドが行われている。

 最終組が9ホールを終えた時点で、宮里優作が6つ伸ばして通算13アンダーで6打差の単独首位に立っている。宮里は3番から3連続バーディー、6番パー5ではイーグル。8番パー3でもバーディーを奪って前半を29で折り返した。賞金ランク2位の宮里は優勝すれば逆転で賞金王となる。

 賞金ランク1位の小平智は15ホールを終えて通算5オーバーで23位となっている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月3日のニュース