19歳・塩尻 リオ代表滑り込みにびっくり「突然のことで…」

[ 2016年8月3日 11:30 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)は3日、リオデジャネイロ五輪陸上代表に男子3000メートル障害の塩尻和也(順大)を追加したと発表した。塩尻は国際陸連が定めた五輪参加標準記録を突破していなかったが、他国に出場辞退者が出たため、繰り上がりで出場が可能となった。

 19歳の塩尻は日本陸連を通じ「突然のことで戸惑いもありますが、本番では精いっぱい走りたい」とコメントした。

 リオ五輪に臨む日本選手は男子174人、女子164人の計338人となった。国外開催では2008年北京五輪の339人に迫る史上2番目の規模。過去最多は1964年東京五輪の355人。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月3日のニュース