八木かなえ 選手村に好印象「無料のマックや遊び場があって楽しい」

[ 2016年8月3日 08:45 ]

 リオデジャネイロ五輪の日本選手団の入村式が2日行われ、重量挙げ女子53キロ級の八木かなえ(ALSOK)は選手村について「無料のマクドナルドや、遊ぶところがあって楽しい」と好印象を語った。これまで問題が目立っているが、満喫する選手も少なくない。

 立ち並ぶ高層マンションはベランダにさまざまな国旗が飾られ、市西部バーラ地区の選手村の雰囲気は高まりつつある。日本はシンガポールと同じ棟で、食堂が近く便利だと好評だ。村内には銀行や郵便局、美容サロンなどがそろい、ハンモックやビーチバレーのできる砂地のコートもある。

 開村した当初は問題が多発した。トイレの詰まりや電気配線の不備、床の汚損などを理由にオーストラリア選手団が一時入村を控え、ぼや騒ぎもあった。日本選手団からもシャワーのお湯が出ないなど不便を訴える声が上がり、バレーボール女子は調整に集中するために入村を見合わせた。

 しかし、不具合がすぐに修理されるなど対応は早いという。重量挙げ男子62キロ級の糸数陽一(警視庁)は「最初出なかったお湯も、次の日には出た。どういう環境でも自分を整えていきたい」と冷静に話した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月3日のニュース