コース不利設計も…ケイリン脇本 代名詞「早仕掛け」貫く

[ 2016年8月3日 05:30 ]

リオ五輪

(8月5日開幕)
 ケイリン代表の脇本雄太(日本競輪選手会)ら自転車男子の選手団が、成田空港から直前合宿地のカナダへ出発した。

 リオの本番会場は直線が長く、先行逃げ切り型の脇本には不利な設計となっているが「仕掛けどころの調整はするが、作戦は変えない」と代名詞の早仕掛けを貫くことを宣言した。苦手コースを克服するためにコースが似ている伊豆ベロドロームで練習を積んできたそうで「20年東京につながる大会にしたい」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年8月3日のニュース