路上強盗被害の選手いるのに…リオ開会式“強盗再現”演出に批判

[ 2016年8月3日 09:16 ]

開会式のリハーサルが行われているメイン会場(AP)

リオ五輪

(8月5日開幕)
 5日の開会式に強盗事件を再現した場面が演出として盛り込まれていることが分かった。英デーリーメール紙などが報じているもので、ブラジル出身のスーパーモデルでNFLペイトリオッツのQBトム・ブレイディー(38)の妻でもあるジゼル・ブンチェン(36)がヒロイン。

 リハーサルではジゼルが少年に襲われ、警官に追われた少年が戻ってくるとジゼルがかばうというシーンが目撃された。リオデジャネイロは世界有数の犯罪多発地域。すでに路上強盗の被害に遭った選手もいることから、演出には多くの批判が集まっている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年8月3日のニュース