宇良 2場所連続2ケタ白星 十両の優勝は天風

[ 2016年7月23日 16:46 ]

大相撲名古屋場所14日目

(7月23日 愛知県体育館)
 十両は宇良が千代翔馬を寄り切って10勝目を挙げた。左を差してから動き続けて、右手で相手の左足を手元に引きつける渡し込みの動きを入れながら、低い姿勢で寄り切った。

 これで2場所連続で2ケタの白星。「気持ちは特に替わりません。あしたで終わるので、集中して場所を終えたい」と千秋楽を見据えた。

 優勝は天風。臥牙丸を寄り切って12勝目を挙げ、千秋楽を待たずに初Vを決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年7月23日のニュース