白鵬、不満あらわに「相撲に勝って勝負に負けた はい、終わり」

[ 2016年7月23日 19:54 ]

稀勢の里に突き落としで敗れ、4敗目を喫した白鵬

 逆転負けの白鵬は、最初の立ち合いを止めた行司への不満をあらわにした。呼吸が合わなかったかと問われ「合っているだろう。何回やるんだ」と強い口調。同じ展開だった12日目の照ノ富士戦のことにも触れた。

 2度目は立ち合いから一気の出足で攻めたが、土俵際で稀勢の里の左突き落としを食った。速攻の作戦について「最初はそう思っていなかった。もういいやと思って」と投げやりな言い方で悔しさをにじませた。

 3連覇が消え、千秋楽の日馬富士戦はどこまで気力を奮い立たせられるか。「きょうは相撲に勝って勝負に負けた。はい、終わり」と険しい表情で取材を打ち切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年7月23日のニュース