日本、メキシコを下し準決勝進出 女子世界選手権

[ 2016年7月23日 11:41 ]

 ソフトボール女子の世界選手権は22日、カナダのサレーで決勝トーナメントが行われ、3連覇を目指す日本はメキシコを2―0で下し、23日の準決勝に進んだ。決勝トーナメントは敗者復活戦を含む方式で行われる。

 日本は打線が五回に市口(ビックカメラ高崎)のソロ本塁打などで2点を先制。先発の藤田(太陽誘電)も好投し、2安打完封した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年7月23日のニュース