美香&敏京“米ツアーコンビ”苦戦 グリーン重く「打ち切れなかった」

[ 2016年7月23日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー・国別対抗戦 インターナショナル・クラウン 第1日

(7月21日 米イリノイ州ガーニー メリット・クラブ=6668ヤード、パー72)
 宮里美と野村の“米ツアーコンビ”は持ち味を発揮できなかった。

 2番パー3で宮里美がティーショットをピン奥2・5メートルのバーディーパットを沈めてリード。しかし、その後はなかなかチャンスに恵まれず、タイに5番でリードを許した。宮里美は216ヤードと長いパー3で3Wでのティーショットをピン2メートルにつけたが、これが決まらない。「あれ以上のショットはできない。グリーンが重くて打ち切れなかった」とチャンスを決められずがっくり。野村は「初めての団体戦で少しプレッシャーもあった。次はもちろん勝ちたい」と気を引き締め直した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年7月23日のニュース