美姫仰天通達 SP曲非公表要請「それなら取材する必要はないと」

[ 2013年9月22日 06:00 ]

アイスショーで演技を披露する安藤美姫

 4月の女児出産を経て14年ソチ五輪を目指すフィギュアスケートの安藤美姫(25=新横浜プリンスク)が茨城県内で行われたアイスショーにゲスト出演した。

 午前11時30分からの公演でエキシビションの「アメージンググレース」を滑ると、午後3時30分からの公演では今季の新ショートプログラム(SP)を初披露。だが、その後に待っていたのは仰天通達だった。

 「曲名は伏せておいてください。他社の方との契約がありますので」。フジテレビ、テレビ朝日と契約があり、取材に訪れた他のテレビ局にはSPを滑った映像ではなく「アメージング…」の方を使用するように要請。ショーで滑ったことでファンがインターネット上に曲名を書き込む可能性を指摘されても「ファン同士で語るのと紙面で発信するのは一緒にしちゃダメだと思う。それなら取材する必要はないと思いますし」と話した。

 異例の曲名非公表となったSPでは、冒頭の3回転ルッツが1回転に。「人前で滑れる状態じゃないけど、感触は良かった」と26日開幕の復帰戦・ネーベルホルン杯(ドイツ)を見据えていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年9月22日のニュース