女子単で16歳山口初V 全種目を通じて日本勢初

[ 2013年9月22日 15:10 ]

ヨネックス・オープン・ジャパン女子シングルスで優勝した山口茜。全種目を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた

 バドミントンの世界連盟スーパーシリーズ、ヨネックス・オープン・ジャパン最終日は22日、東京体育館で各種目の決勝が行われ、女子シングルスで福井・勝山高1年の16歳、山口茜が打田しづか(日本ユニシス)を2―0(21―15、21―19)で下し、第32回を迎えた今大会で全種目を通じて日本勢初の優勝を果たした。

 2007年に始まった五輪、世界選手権に次ぐ格付けのスーパーシリーズで女子シングルス制覇は昨年のフランス・オープンの三谷美菜津(NTT東日本)に次いで2人目の快挙。

 男子シングルスで田児賢一(NTT東日本)は世界ランキング1位のリー・チョンウェイ(マレーシア)に0―2(21―23、17―21)で敗れ、初制覇はならなかった。リーは2年連続4度目の優勝。

 ▼山口茜の話 まさか優勝できるとは思っていなかった。まだ実感がわかない。歴史を塗り替えたのが私でいいのかなという感じ。この優勝を自信にして、これからも頑張っていきたい。

 ◆山口 茜(やまぐち・あかね)5歳で競技を始め、女子シングルスでは11年の全日本総合選手権で史上最年少14歳での本戦出場を果たし、昨年の世界ジュニア選手権で銀メダル、今夏の全国高校総体で初優勝。混合ダブルスでは古賀穂(福島・富岡高)と組んだ8月のアジア・ユース大会で金メダル。福井・勝山高1年。156センチ、55キロ。16歳。福井県出身。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年9月22日のニュース