法大 開幕連勝逃すも指揮官は収穫あり

[ 2013年9月22日 06:00 ]

関東大学リーグ第2節 法大7―22日大

(9月21日 神奈川・海老名運動公園陸上競技場)
 法大は開幕2連勝を逃した。前半は相手に主導権を握られ無得点。後半は積極的に前に出たが、FWの連続攻撃で1トライを奪うなど7点を返すのが精いっぱいだった。

 谷崎監督は「ラインアウトが安定せず、起点がつくれなかった」と渋い顔も「後半は攻防が続いた。ここからトライを取り切れるようにしていきたい」と課題の中に収穫も見つけていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月22日のニュース