2度目の岡、ようやく1勝「得るものがたくさんあった」

[ 2013年9月22日 00:53 ]

レスリングの世界選手権第6日

(9月22日 ブダペスト)
 2度目の出場だった25歳の岡は2回戦で敗退した。体力差を痛感したものの「得るものがたくさんあった。もっと力をつけたい」と前向きに捉えた。

 11年大会では初戦、敗者復活戦と2連敗で終わった。今大会の1回戦では1分ごろに投げを決めて初の1勝。「ほっとしたけど、強い相手に勝ちたい」と複雑な感情を口にした。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月22日のニュース