高橋、木原組 ペア結成初戦はSP7位/ロンバルディア杯

[ 2013年9月22日 08:23 ]

ペアSPで演技する高橋成美、木原龍一組

 フィギュアスケートのロンバルディア杯は21日、イタリアのミラノでペアのショートプログラム(SP)が行われ、1月にコンビを結成して以来初の公式戦となった高橋成美、木原龍一組(木下ク)は47・98点で7位とまずまずのスタートとなった。

 高橋は昨年春の世界選手権でマービン・トラン(カナダ)と組んで銅メダルを獲得したが、同12月にコンビを解消。ソチ冬季五輪出場へ向けて新ペアを組んだ。高橋は「2人の感触がどうなるか不安はあったけど、いつも通りの滑りができた」と話した。

 今大会に海外のトップ選手は出場していない。フリーは22日に行われる。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月22日のニュース