佳純、愛は準々決勝敗退 日本勢全滅

[ 2013年9月22日 19:50 ]

 卓球女子のスターツ・ワールドカップ(W杯)第2日は22日、神戸市立中央体育館で行われ、準々決勝で石川佳純(全農)はロンドン五輪シングルス銅メダルのフェン・ティアンウェイ(シンガポール)に3―4で競り負けた。福原愛(ANA)も武楊(中国)に1―4で敗れた。

 石川と福原はともに第2ステージを1勝1敗のグループ2位で突破。平野早矢香(ミキハウス)は第2ステージで連敗し、8強入りを逃した。これで今大会の日本勢は全て敗退した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年9月22日のニュース