松山、今夏は米ツアー注力 出場資格獲得目指す

[ 2013年7月1日 17:45 ]

ダンロップスポーツと用品使用契約を結び、記者会見する松山英樹

 男子ゴルフの大物ルーキー、松山英樹は1日、ダンロップスポーツと複数年の用品使用契約を結んで記者会見し「これから米国の試合に出て、少しでも稼いでシード権を取るのが目標」と、今夏は米ツアーに力を注いで来季の出場資格獲得を目指す考えを表明した。

 18日に開幕するメジャー第3戦の全英オープン選手権に出場した後は北米に移動し、25日開幕のカナダ・オープンに参加。出場が決まっているメジャー最終戦の全米プロ選手権(8月8日開幕)を含め、米ツアーに4試合ほど出場する意向。

 10月に始まる来季、2013~14年シーズンの出場資格は今季終了時の賞金ランキング125位以内に与えられ、松山は10位だった全米オープン選手権で16万8530ドル(約1670万円)を獲得した。日本ツアーでは既に2勝して来年から3年間のシード権を得た。

 使用クラブが決まり、プロとしての基盤を固めた。「ジュニア時代から愛着があったし、契約してもらって頑張らなきゃいけない、という気持ち」と、目標とするメジャー制覇への意気込みを新たにした。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース