井上 3位で「ビックリ」無欲の初メジャー切符!

[ 2013年7月1日 06:00 ]

<ミズノオープン・最終日>18番、バーディーを決め、ガッツポーズを見せる井上

男子ゴルフツアー~全英への道~ミズノ・オープン最終日

(6月30日 岡山県笠岡市・JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部=7404ヤード、パー72)
 ツアー通算2勝の井上信(まこと、38=袖ケ浦CC)が無欲の初メジャー切符をつかんだ。1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算13アンダー、275の3位に入り、上位4人に与えられる全英オープン(18日開幕、ミュアフィールド)への出場権を得た。68を出したブレンダン・ジョーンズ(38=オーストラリア)が大会コースレコードの通算19アンダーで通算13勝目。生涯獲得賞金を8億3005万4474円とし、デビッド・イシイを抜いて歴代外国勢トップに立った。

 最後の2ホールで初メジャーをたぐり寄せた。井上は17番で残り166ヤードを7Iで1・5メートルにピタリと付けるバーディー。18番では残り98ヤードを1メートルに付けてだめ押しのバーディーを奪った。6番のチップインイーグルも効いての英国切符。「(全英は)ビックリです。1打でも良くして賞金を加算したいと、思っていました」と無欲の3位だった。

 ツアー通算2勝の38歳は11年に7年間守ったシードを失い、昨年は下部ツアーが主戦場。今季開幕時点ではメジャーどころか、国内の試合出場すら心配だった。想定外の全英出場権。さらに、この3位でシード復帰も見えてきたのだから驚くのも当然だ。かわいがっている後輩プロの小平も全英切符をつかんだ。「向こうは若い有望株。負けないように頑張りたい。とりあえず、思い切りやってきます」と健闘を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース