内村 世界大会5連覇に向け気合「ミスのない演技を」

[ 2013年7月1日 06:00 ]

体操全日本種目別選手権最終日

(6月30日 東京体育館)
 既に世界選手権代表に内定し今大会を欠場した内村は、大舞台へ静かに闘志を高めた。

 世界選手権では個人総合で史上初の4連覇、五輪も含めた世界大会で5連覇という偉業がかかるが、「世界の選手の構成を見て勉強しつつ、ミスのない演技をしたい」と話した。今年の世界選手権は団体戦は行われないものの、エースの自覚は十分。「ミスなく演技して日本にいい刺激を与えたい」と大黒柱としてけん引する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース