美姫 出産には周囲の反対も 貫いた女性としての幸せ

[ 2013年7月1日 23:42 ]

4月に出産していたことが明らかになった安藤美姫

 4月に出産したことを明かした安藤美姫(25)は、1日のテレビ朝日「報道ステーション」で、出産について周囲の反対があったことも語った。

 妊娠が分かったのは昨年の10月、復帰をこの年の秋と考えていた安藤にとってソチ五輪への準備を考えれば、出産をあきらめるという選択もあった。ただ本人としては「スケートはかけがえの存在」ではあるが「女の子として生まれてきた。女性として一人の女の人として」出産を決断したことを涙ながらに語った。

 4月に出産した我が子を「かわいい」と語り、5月に練習再開、6月1日のアイスショーで約9カ月ぶりに演技を披露した。これまで“天才”の名をほしいままにしてきた安藤には、今回の出産を経験して「スケートの素晴らしさをショーで見せたいと初めて思った」と心境の変化があったという。

 ママとして最初、選手として最後のシーズンはスケーターの安藤美姫の集大成となる。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース