松山「世界で戦うために…」ダンロップとの契約を正式発表

[ 2013年7月1日 15:24 ]

ダンロップ・野尻恭代表取締役社長(左)とボードを手にガッツポーズを見せる松山

 4月のプロ転向後、既に2勝を挙げ、国内男子ゴルフツアーで賞金ランキングでトップを走る松山英樹(21=東北福祉大)が1日、都内のホテルで会見し、ダンロップスポーツとゴルフ用品使用を結んだことを正式発表した。

 会見には松山と同社の野尻恭社長が出席。野尻社長は契約の対象がボール、クラブ、キャディーバッグ、ヘッドウェア(帽子、バイザーなど)、グリーブ(手袋)、シューズであるとこを明かし「今後、世界で戦う上で重要な道具をお任せいただくことは身の引き締まる思い」とあいさつした。

 注目ルーキーをめぐっては、アマ時代から使用するダンロップのほか、ブリヂストンスポーツ、テーラーメイド、ナイキが争奪戦を繰り広げてきた。松山は「ジュニア時代から使っているSRIXON(スリクソン)に愛着や信頼があるのはもちろんですが、クラブもボールも私のイメージをしっかり受け止めてくれ、難しいセッティングにも、しっかりとサポートしてくれています。これから世界のツアーで戦っていくために最も信頼して使える道具だと思っています」と、同社を選んだ理由を説明した。

 会見の最後に松山は最大の目標である「メジャー制覇」と書かれたボードにサインし、決意を示した。なお、会見の模様はインターネットの動画「USTREAM」でも生中継された。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年7月1日のニュース