4日間で「たくさん課題」も…声詰まらせる上原「コーチのおかげ」

[ 2013年7月1日 10:13 ]

通算11オーバーで36位の上原彩子
Photo By スポニチ

USLPGAツアー全米女子オープン最終日

(6月30日 米ニューヨーク州サウサンプトン・セボナックGC=6796ヤード、パー72)
 上原は4日間で初めてバーディーなしに終わり「苦しいラウンドだった」と悔しそう。1番で1・5メートルを外してボギー。10、14、15番もすべて2~3メートルのパーパットが入らず「たくさんの課題が残った」と話した。

 29歳での米ツアー挑戦を決断したのは、米国事情をよく知り、後押ししてくれたコーチの存在と、「メジャーで戦いたい」という思いからだった。初出場の全米女子オープンを終え「今ここに自分がいるのもコーチのおかげ」と声を詰まらせた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース