深キョンの子供時代演じた村上 世界大会の代表に

[ 2013年7月1日 06:00 ]

女子体操種目別決勝、跳馬で優勝した村上茉愛

体操全日本種目別選手権最終日

(6月30日 東京体育館)
 異色の16歳が大舞台に立つ。村上茉愛(まい、池谷幸雄倶楽部)が跳馬を制し、最高H難度の「後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり」を組み込んだ床運動でも4位に入って代表入り。「床で失敗はあったけど、切符を獲得できて良かった」。

 05年にTBS系で放送されたドラマ「ウメ子」で、深田恭子演じる主役の子供時代の親友役で出演した経歴を持つ。所属の池谷幸雄倶楽部からは初めて世界大会の代表に入った。92年バルセロナ五輪銀メダリストの池谷総監督(42)は「日本代表は一つの目標であり夢だった。次は世界のメダル。ここからですよ」と期待を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース