皇太子、サマランチ氏登壇 マドリードの五輪招致プレゼン

[ 2013年7月1日 23:48 ]

 2020年夏季五輪のマドリード招致委員会は1日、国際オリンピック委員会(IOC)委員に対する開催計画説明会での3日のプレゼンテーションで、招致委名誉会長を務めるスペインのフェリペ皇太子と同国のIOC委員、サマランチ・ジュニア氏らが登壇することを明らかにした。

 スペインの経済危機への不安を払しょくするため、デギンドス経済相もスピーチする。プレゼンには出席しないものの、同国のラホイ首相もローザンヌを訪れ、IOC委員に支持を訴える。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月1日のニュース