W杯2勝目なるか 渡部暁、前半飛躍で1位

[ 2012年2月11日 16:47 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は11日、カザフスタンのアルマトイで個人第15戦を行い、第14戦でW杯初優勝を果たした渡部暁斗(北野建設)が前半飛躍(HS140メートル、K点125メートル)で135メートルを飛び、128・1点で首位に立った。後半距離(10キロ)は2位と1秒差でスタートする。

 渡部暁の弟善斗(早大)が131・5メートルの125・3点で6位につけ、11秒遅れで兄を追う。加藤大平(サッポロノルディックク)は17位、湊祐介(東京美装)は35位で距離を始める。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年2月11日のニュース