白鵬、ナレーション初挑戦…30分で終了に“ドヤ顔”

[ 2012年2月11日 06:00 ]

ナレーションに初挑戦した白鵬

 大相撲の横綱・白鵬(26=宮城野部屋)が10日、都内のTBSでナレーションに初挑戦した。

 同局で26日午後4時から放送される自身のドキュメンタリー「白鵬、日本の横綱として」の収録に参加したもの。番組では自身の誕生日である3月11日に起こった東日本大震災で被災した人たちの支援などに密着。初体験の収録もリハーサルなしで予定の2時間よりも早い約30分間で終了し、「多少うまくいくか不安で緊張したが土俵の方が怖い。時間が余ったしスムーズで完璧にやった証拠。120点でしょう」と得意顔で話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年2月11日のニュース