ウッズ6打差17位、今田は崩れて61位

[ 2012年2月11日 10:44 ]

第2ラウンド、14番でパットを打つタイガー・ウッズ

 米男子ゴルフツアーのペブルビーチ・ナショナルプロアマは10日、米カリフォルニア州のペブルビーチ・リンクスなど3コース(2コースはパー72、1コースはパー70)で第2ラウンドを行い、15位から出たタイガー・ウッズ(米国)は68で回り、首位と6打差の通算6アンダー、136で17位に後退した。

 今田竜二は74と崩れ、通算1アンダーで61位に下がった。第3ラウンド後に予選通過が決まる。

 チャーリー・ウィ(韓国)が通算12アンダーで単独トップに立ち、ダスティン・ジョンソン(米国)が3打差の2位。(AP=共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年2月11日のニュース