2戦が勝負…石川遼、マスターズ切符獲得へ決意の再渡米

[ 2012年2月11日 06:00 ]

渡米前に会見する石川遼

 石川遼(20=パナソニック)がマスターズ切符獲得へ、再び米ツアーに参戦する。日本でスキー合宿を行っていた石川は10日深夜、羽田空港を出発。ノーザントラスト・オープン(16日開幕)、世界ランク64位以内までが出場できるアクセンチュア・マッチプレー選手権(22日開幕)の2連戦から勝負を懸ける決意を示した。

 マスターズ出場権獲得には2週前に発表される世界ランクで50位以内が条件。現在、53位の石川は「出場する試合ではやはり優勝争いをしたい。そのために全力で調整する」と意気込んだ。今季初戦は予選落ちしたが、前戦のファーマーズ・インシュランス・オープンでは13位。「今まではいろいろな選手を参考にしてきたが、周りに流されすぎてもいけないと感じている」と自らのスタイルを築きつつある。

 最初の2試合で結果を出せば世界ランク50位以内までが出場資格となる3月のキャデラック選手権出場も見えてくる。「4月のオーガスタで優勝争いができるように自分のゴルフをつくり上げていきたい」と強い決意で機上の人となった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年2月11日のニュース