「2倍になって跳べた」真央 攻めの演技で3回転半解禁

[ 2012年2月11日 17:25 ]

女子SPでトップに立った浅田真央
Photo By スポニチ

フィギュアスケート四大陸選手権第2日・女子SP

(2月10日 米コロラド州コロラドスプリングス)
 浅田真央が宣言通りにトリプルアクセルを解禁。交響組曲「シェエラザード」に乗った伸びやかな滑り出しから、高々と舞い上がった。回転不足と判断されたが演技後は笑顔。「トリプルアクセル以外の部分の出来は良かった」と振り返った。

 「日本でも何回も何回も練習してきた」と精度を上げ、標高約1800メートルと不慣れなはずの高地のリンクで「ジャンプが簡単に回る」と追い風を感じた。その相乗効果を「2倍になって跳べた」と表現。直前の6分間練習では成功し「不安は全然なかった」という。

 2年ぶりのタイトルがかかるフリーに向け「アクセルを跳べたらすごい満足すると思う。まだまだ上はある」と旺盛な意欲をかき立てた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年2月11日のニュース