シルトが今季6勝目/W杯女子回転

[ 2012年2月11日 23:12 ]

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)女子回転第7戦は11日、アンドラのグランドバリラで行われ、マルリース・シルト(オーストリア)が合計1分39秒44で、今季6勝目、通算35勝目を挙げた。

 清沢恵美子(チームクレブ)は2回目で途中棄権し、星瑞枝(湯之谷ク)と長谷川絵美(サンミリオンク)は2回目に進めなかった。

 0秒60差の2位はフリダ・ハンスドター(スウェーデン)で、3位はカトリン・ツェッテル(オーストリア)だった。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年2月11日のニュース