広島 ACL見据え塩谷&青山“完全休養”でも勝ち点1

[ 2014年5月4日 05:30 ]

<神戸―広島>後半、パスが通らず、悔しがる広島・佐藤。右は神戸・茂木

J1第11節 広島0―0神戸

(5月3日 ノエスタ)
 無得点引き分けの試合後、広島の森保監督は記者会見で開口一番「勝ち点1を取れたことをポジティブに考えたい」と納得顔で話した。ACLとの過密日程で、難敵の神戸を相手に敵地でしたたかに勝ち点を拾った。

 疲労も考慮し、今季4得点の塩谷と攻守の要の青山、攻撃の核である石原をリーグ戦で初めて先発から外した。出だしはチームの動きがぎごちなくピンチを招いたものの、徐々に連動した。個々の能力が高い神戸攻撃陣に対し「1対1でやられないことを意識した」(千葉)と連係した守備が機能した。過去全試合で得点した相手を封じ、千葉は「うまく全体で守れた」と、してやったりの表情だった。7日にACLの決勝トーナメント1回戦が待ち受ける状況で塩谷と青山を完全休養させ、円熟の組織プレーと厚い選手層で乗り切った。千葉の「長い戦いではこういう試合もある」と振り返った言葉に、2連覇王者の風格が漂った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年5月4日のニュース