鳥栖 藤田の今季初ゴールで“苦手”清水との接戦制す

[ 2014年5月4日 05:30 ]

<清水―鳥栖>前半、先制ゴールを決め、チームメートと喜ぶ鳥栖・藤田(左から2人目)

J1第11節 鳥栖1―0清水

(5月3日 アイスタ)
 鳥栖は過去1分け3敗と苦戦していた相手に競り勝った。

 前半43分、CKのこぼれ球を藤田が右足で決めて先制。後半はゴール前の守備を固め、虎の子の1点を守りきった。尹晶煥(ユンジョンファン)監督は「守備陣が体を張って食い止めたことが、得点という形で実を結んだと思う」と満足げ。今季初得点の藤田も「1―0という、うちらしい試合ができた」と手応えを口にしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年5月4日のニュース