徳島 J1初の連勝ならず…指揮官「攻撃が乏しかった」

[ 2014年5月4日 05:30 ]

仙台に敗れ、ピッチを後にする斉藤(左)ら徳島イレブン

J1第11節 徳島0―1仙台

(5月3日 鳴門大塚)
 徳島は前節J1初勝利を挙げ、ホーム戦には地元開幕戦に次ぐ、9686人のサポーターが集結するも、その期待に応えることはできなかった。

 前半はDFの裏を突く攻撃やサイドからの効果的な崩しが見られたが、一瞬の隙を突かれ、仙台にカウンターを食らった。小林監督は先制点を許した守りを残念がり「失点が重く、攻撃が乏しかった。連戦で選手は疲れていた」と肩を落とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年5月4日のニュース