首位陥落…鹿島“得意”日立台で18年ぶり黒星

[ 2014年5月4日 05:30 ]

柏に敗れ、ガックリと引き揚げる小笠原(40)ら鹿島イレブン

J1第11節 鹿島0―1柏

(5月3日 柏)
 鹿島は96年10月16日以降負けなしだった日立台で18年ぶりに黒星を喫し、首位から陥落した。

 トニーニョ・セレーゾ監督が「技術よりも疲労困憊(こんぱい)な中、どれだけ走れるかの勝負になった。急激な気温の上昇で頭がボーッとしている選手が何人か見えた」と振り返ったように過密日程で全体の動きは重かった。今季初めてアウェーで敗れた指揮官は「戦う精神や一体感に欠けていた」とメンタル面に敗因を求めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年5月4日のニュース