【菊花賞1週前追い】ロバートソンキー、予定通りの時計に自信

[ 2020年10月15日 05:30 ]

 1勝馬ながら神戸新聞杯3着で権利を獲って挑むロバートソンキー(牡=林)は坂路で4F52秒2をマーク。グログラン(5歳2勝クラス)に2馬身先着した。「いい動き。時計も予定通り」と林師。

 前走については「馬も頑張ったが(伊藤)工真が人馬一体で乗ってくれたおかげ」と鞍上を称えた。距離に関しては「本質的にステイヤーかは分からないが、競馬ぶりからは大丈夫と思っている」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月15日のニュース