【府中牝馬S】追ってひと言

[ 2020年10月15日 05:30 ]

 サラキア(池添学師)体は先週の時点でできていたし動きも良かった。出たなりで気分よく運べれば。

 シゲルピンクダイヤ(渡辺師)目いっぱいではないが、いい動きだった。舞台も前走より合っている。

 トロワゼトワル(安田隆師)時計のかかる馬場なのでこれで十分。気分良く運べるかが鍵。

 フェアリーポルカ(西村師)予定通りの調教。前走はペースが合わなかった。広いコースで好結果を残したい。

 ラヴズオンリーユー(安藤助手)輸送があるので軽めの調整。血統背景から条件は今回の方が合っている。

 レッドアステル(国枝師)チップだと脚が荒れるのでポリトラックで。動きは上々。前走後も体が減らず実が入った印象。この相手にどこまでやれるか楽しみ。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月15日のニュース