【秋華賞】ムジカ、余裕の半馬身差 鈴木孝師「この馬なりに動けていた」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

坂路併せ馬で半馬身先着するムジカ(右)
Photo By 提供写真

 ローズS2着ムジカは2週連続、坂路で併せ馬を消化。最終追いはバウンシーダンス(2歳新馬)と併せ、楽な手応えのまま半馬身先着した。時計は4F53秒0~1F13秒0。

 鈴木孝師は「この馬なりに動けていた。ゆったりしたローテで使えるし春よりはるかにいい」と好調ぶりを伝えた。重賞初挑戦の前走で、いきなり2着に食い込んだ上がり馬。強烈な末脚で再び、アッと言わせるか。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月15日のニュース